賃貸物件は事業や住居などいろいろな目的に使える

img-1

賃貸物件は住居はもちろん土地や商用物件など物件の種類はかなり豊富に用意されているためうまく活用することで住宅費用を抑えることができたり会社の固定資産税やコストなども大幅に削減ができます。



まず住居用にの物件では一人暮らしをするのに適しているワンルーム物件がありこうした物件は広さが5畳から12畳程度の室内空間でトイレと風呂が一緒になっているユニットバスの物件に特に人気があります。



家族向けの場合には戸建てタイプとマンションタイプがあり戸建ての場合や4LDK〜5LDKの物件がマンションタイプでは4LDKの物件をチョイスする人が多くなっています。



住居用の場合にはマイホームを購入するよりも安く済むケースがあるためあえて賃貸物件に住み続けるという方も現在では増えています。



事業用の賃貸にはその事業内容によっても大きくかわりますが事務所兼自宅の物件やオフィスビルの一室や倉庫などの物件があります。



オフィスビルの物件は比較的大きな会社からの需要が高く事務所兼自宅の物件は個人経営の会社で使われます。



事業用の賃貸では近年では住所のみを貸し出しているものや他の企業と合同のレンタルオフィスを提供している場合もあり事業用の物件についてはかなりの多様化が進んでいます。



企業にとっては不要な資産を持たずに会社を経営してける点にメリットがあるため自社ビルをあえて持たずにすべて賃貸事務所で経営を進めている会社も現在では増加傾向にあります。



関連リンク

img-2
賃貸物件を探す際の盲点

賃貸物件を探す際に一つ盲点があります。それは昼間と夜の雰囲気が違う場合があることです。...

more
img-2
いろいろな魅力を持っている賃貸マンション

賃貸マンションでの生活はいろいろなことに対応することが出来るだけじゃなく快適な生活を送ることが出来る魅力もたくさんあります。賃貸マンションはマンションの空いている部屋を借りる形になるので購入する場合とは違って引っ越したいときにいつでも引っ越すことが可能になります。...

more
top