滋賀で自社設計や自社施工の工務店に依頼する

subpage01

滋賀で家を建築するときには自社設計や自社施工の工務店に依頼するほうがおすすめです。



契約だけとって施工は下請け業者に依頼する工務店もありますが、自社設計と自社施工だと家作りの責任能力があるかを判断する基準になります。
新築住宅を取り扱っていても自社だけで家が建築できないと、信頼も出来ませんしトラブルなどが起きたときに責任をとるときにもめることもあります。



また、元請け業者から下請け業者に仕事が流れると中間マージンがかかるので費用も高くなります。
下請け業者も自社で仕事を請けおう能力がない工務店の可能性もあるので仕事の質で問題があるかもしれません。


ハウスメーカーのように品質が下請け業者の能力に影響を受けない厳格な基準で規格化されているときは別ですが、滋賀の小さい工務店だとそれは難しいです。工務店を滋賀で選ぶときには加工ができる環境や作業場があることも重要です。

最近はプレカットが主流なので作業場がないところも多いですが、できれば作業場があるほうがよいです。

持ってないと例えば、建材を発注して現場で組み立てるだけなので、建築業者ではなくて組み立て業者に近くなります。


それだと良い職人もいません。



プレカットだけ取り扱っている場合でも、それに対応できない構造材や造作材、お客の要望による加工は作業場で行います。現場加工をすることもありますが、仕事の精度は環境の整った作業加工でないと難しいです。

加工場がないと規格の範囲内でしか仕事ができないため、臨機応変な対応が難しいこともあります。
ただ、その分価格に反映していることもあるため価格を抑えたいときには検討してみるのもよいです。